昭和は遠くなりにけり

古代に思いを馳せ、現在に雑言す。・案山子の落書・

・社会と意識

うやむやの関。

私が生まれた時代、飛鳥に都があった時代ですが、その当時関と言えば、不破関(美濃)、鈴鹿関(伊勢)、愛発関(越前)の三つを指しました。それがテレビの当世風時代劇の見すぎなのでしょうか、いつのまにか、関と言えば先ず箱根の関所を思い浮かべるようになって…

敗戦国日本。(どこ吹く風 d12 社会と意識)

勝てば官軍、負ければ賊軍。この言葉ほど明治維新と直結した言葉はない。言葉の意味は、たとえ道理に合わなくとも、戦いに勝った者は正義となり、負けた者は不義になるということ。そして、明治維新で薩長土肥軍に負けた幕府軍が噛み締めた言葉でもある。 ✎.…

ランキングサイト。

最近、健康食品メーカーの大幅値下げの宣伝が目につきます。思うに、これは少子高齢化によるものかもしれません。おそらく健康食品利用者数が最大限に達し、減少に転じ始めたことによるものと見えます。 日本は既に高齢化社会に入っていると言われていますか…

みわ山。

世間は私のことを修験道の祖などと誤解しておられるようですが、私は先祖代々公共土木を担当するしがない役人の一人に過ぎないのでございます。ただ、その当時一世を風靡していたフジワラノミクスに異を唱えただけなのでございます。 今もって脳裏に焼きつい…

玉砕の島。(どこ吹く風 d11 社会と意識)

遠い昔、沖縄は西表の島をさまよったことがあります。下に載せるのはその時の事を思い出しながら書いた記事です。その記事を書いてから既に3年。西表からだと40年以上が経過しています。時の流れというものは、本当に早いものです。 「時が解決してくれる」 …

ファイナンシャルローン病み金。

金あっての現代社会、一攫千金を夢見ても子ネズミの身であってはネギをしょった鴨にされるのがこの世の定め。金は貧しきから富める者に流れ、権利は弱者より強者に託される。資本主義と呼び、民主主義と言うが、貧者や弱者から離れた金や権利が再び彼らの元…

§♪.FM 平城山(ならやま)。

叩いた者は叩いたことを忘れるが、叩かれた者は叩かれたことを忘れない。というのが世の常でございます。 これも古い話ですが、確か数年以上も前の葛城村チンプイ放送での御隠居と葛城山彦との会話だったと思います。 ☊....................................…

悪の論理。

強者が弱者を追いつめて悪事に走らせる。これを悪の論理と言います。無論私の勝手な雑言ですが、暇のある方はお読みください。 ✎.......................................................................................................................…

働かせ方改革法案。

働き方法案なるものが国会で討議されたとか。しかし、この法案、庶民からの議案ではなくお上や企業からの議案らしい。 そうすると、働き方法案ではなく働かせ方法案が正しい呼び方ではないかと。 ✎........................................................…

都市と地方。

近頃、人の間だけでなく自然の間にも格差が生じているとか。異常気象に環境異変。上から下への富やエネルギーの流れに偏りが生じている証なのかも知れません。 これも古い話でございますが、暇ならどうぞお読みください。誠惶誠恐、頓首頓首。 ✎............…

環太平洋パートナーシップ

環太平洋パートナーシップ協定(TPP)という言葉を聞いて随分と久しくなります。恥ずかしい話ですが、TPPがいつの間にやら記憶の中でTTPとなっていました。まあ、そのくらい久しかったということでしょうか。 ただ、そのTPPも今日ではTPP11となっているとか。…

ノーベル賞と平和。

今年も早やノーベル賞が噂される時期となりました。去年のノーベル賞、私のブログ並みで終わったようですが、日本がこの賞の複数の受賞者で沸き返った時に書いた記事がございます。暇ならどうぞお読みください。誠惶誠恐、頓首頓首。 ✎.....................…

TPPのゆくへ。

今となっては反古のような記事ではございますが、当時は六無斎といえどあれやこれやと考えて書いた記事でございます。消費期限表示はございませんので、いつでもお読みいただけます。 ✎...................................................................…

少子高温化。

平氏にあらずんば人にあらず。 人が人をどのように見ているのか、まして為政者はどうなのか。千数百年をかけてこの世の事を葛城山より見てまいりました私ですが、未だに分からず仕舞いでございます。 ✎....................................................…

非性産性社会。

LGBTという言葉を最近聞くようになりました。私の世代ではオカマ、つまり僕達女の子という揶揄的な意味合いでしかなかったのですが、時代が変わったということなのでしょうか。 ✎.........................................................................…

憲法改正と窓際太郎。

思いますに、あれからもう千数百年がたっております。未だに大宝律令の恩恵にも日本国憲法の恩恵にもあずかっておりません。律令や憲法には縁遠い我が身ですが、その我が身からさらに日本国憲法が縁遠くなろうとしているようでございます。永田町界隈では憲…

平和と平和の間。

最近というか、大分前よりフェイクニュースという言葉をよく聞くようになりました。これもその一つだったとは思いますが、巷ではトランプがシンガポールで金正恩を生け捕りにしてマレーシアに引き渡すという金正恩捕獲大作戦なるものの噂で持ち切りとか。た…

♪.PM2.5チャンネル発。

昔の話ですが、今はどうかは知りませんが、ユダヤ人というのは鼻の大きな民族というのがイメージとしてありました。なお、この記事も随分と昔の記事であります。 さて、この葛城村チンプイ放送での御隠居と葛城山彦との会話もそうしたイメージから始まるよう…

民主主義の光と影。

これも古い話でございますが、長ったらしい話というわけでは勿論でございますが、暇ならどうぞお読みください。誠惶誠恐、頓首頓首。 ✎.................................................................................................................…

ブラックボックス。

先だって、とは申しましてもだいぶ昔のことですが。ある日、突然ハードディスクが壊れました。買って三年ほど、稼働時間は千時間あるかないかです。容量は250ギガ。情報量は50ギガ程度。幸い、バックアップ用でしたので事なきを得たのですが、二割ほどの使用…

♪. つくば ひらがなつうしんはつ。

少々古い記事でございます。 思いますに、日本は自衛の国つまりは正当防衛の国です。しかし、アメリカはどう見ても過剰防衛の国です。もしかして、日本は過剰防衛の国に向かうことになるんですかねー 例によって、葛城村チンプイ放送でも聞いてみますか。丁…

消費期限のない日本のレッテル。

世界に、核廃絶を訴える日本人がいます。 世界に、核廃絶を拒否する日本の政治家がいます。 日本に、靖国神社に参拝する政治家がいます。 日本に、従軍慰安婦像の撤去を求める政治家がいます。 日本の政治家に良識はあるのだろうか。 また、どれを日本の代表…

インフレ経済成長。

昔の話でございます。インフレ経済成長馬券術を信奉し、競馬は最後には儲かると言って全財産を食いつぶした男がいました。 ✎...........................................................................................................................…

♪.九段坂坂ノ上通信発

今年もほとんどの与党の議員が靖国神社に参拝していたようですが、… もしかすると憲法改正法案の次は靖国法案かもしれません。 国家のしこりがアジアのしこりとならない様に気をつけねば、… これはだいぶ前の葛城村チンプイ放送から聞こえていた御隠居さんと…

狐拳。

葛城山より人の世を見ていますと、人の歴史はイジメの歴史とでも呼べそうでございます。イジメが何故起こるのか、それは分かりませんが、弱者が強者をイジメたという話はまだ聞いたことがございません。ただ、時代によって弱者も強者も変わっていっているよ…

日本国憲法のエンブレム。

古い話でございますが、長ったらしい話でございますが、お爺の話でございますが。聞くところに拠りますと、ブログユーザーの老齢化が進んでいるとか。しかし、記事の老化は未だだと聞きます。そうしますと、このブログがその記事老化の栄えある第一号かと。 …

♪.平成瓦版狐狸庵通信発。

隣の芝生は良く見えるとか、隣の嫁さんは何とかとか、隣とは境界を接しているだけに何かと問題が生じるようでございます。これも随分と古い話ですが、葛城村チンプイ放送から聞こえていた御隠居さんと葛城山彦との会話です。 ☊.............................…

決まり事。

ひとことで申し述べることの出来ることではございませんが、文武天皇の三年、夏も初めの頃、故なくして伊豆へ流されてはや千数百年、一人の踊り子ともめぐり合ったことのない私にも、役君小角の他人事コーナーという春がやっと巡りまわってまいりました。 ✎.…

原則を軽んずるプロは素人にも劣る。

五輪エンブレムの盗用疑惑。古い話でございます。長ったらしい話でございます。しかし、ここに社会が抱える矛盾の一断面が見えているように思います。暇ならどうぞお読みください。 ✎.....................................................................…